上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_3227.jpg

本日、読んだラノベ①「ラキアⅡ」
電撃文庫9月発売の新刊。放置してたのをようやく読んだ。

前作はいわゆる「ループ系」。
同じ日を何度も繰り返していくうちに孤独や不安を感じ
共に繰り返しの世界の中にある男の子と女の子が仲良くなるという話。
まぁいわゆるボーイミーツガールというやつ。

今回はループというよりもリバース。
ある日を境に過去に時間がさかのぼっていくという話。
前作がループ系の短編集だったのに対し、今回はほぼ1冊通して1本の話。
このループ、リバース世界の中心に位置するのが謎の少女「ラキア」。
というか、前作でラキアの背景がほとんど分からなかったので今回で大分掘り下げて書かれると思っていたけど、今回もそこまでといっていいほど背景が語られていない気がした。新たにラキアの関係者が一人出てきたが・・。

背景:現代の街、ボーイミーツガール、ループ、リバース
ストーリー:★★★★☆
キャラ:★★☆☆☆
イラスト:★★★☆☆

総評:6/10点(人によるかも)

SF的な要素が好きな人なら、そこそこ楽しめると思うけどそういうのが苦手な人はあまり。毎回、ループ、リバース現象に関わる人間は違うのでキャラの味が無いかな。こういうのはネタがきれやすいから3巻くらいで完結してほしいけど、この調子だともうちょい続きそうかも。2巻は時間軸もごちゃごちゃしてたし、終わりも唐突過ぎたし、1巻と比べると微妙だった。


よろしければランク支援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。